デザインの基本

エステティシャン

優先して記載する内容を知っておく

宣伝効果を高めるチラシ印刷物を作るためには、デザインのことを知っておくと良いです。チラシは一度印刷してしまうと元には戻せないため、デザインの段階でしっかりと確認しておく必要があります。チラシ印刷物を作る目的は、宣伝したい店舗や会社のことを知ってもらうことです。そのため、チラシ印刷物には店舗情報やサービス情報、キャッチコピーを盛り込まなければなりません。そしてこの中で一番優先させるものは、キャッチコピーです。チラシ印刷物でもっとも重要なことは、興味を持ってもらうことです。だから、興味を惹きつけるようなキャッチコピーが最も優先させるわけです。キャッチコピーは、読みやすいように縦書き或いは横書きでアレンジします。縦書きならば右上に、横書きならば左上に配置させると目立つのでとても分かりやすいです。キャッチコピーで見る人の興味を惹きつけたら、商品やサービス情報を見やすいように配置します。ここまで見てくれたら、多くの人が店舗の場所や営業時間について知りたくなる心境になります。そのため、店舗情報はあまり大きく書く必要はありません。チラシ印刷物の隅に、住所や営業時間や定休日などの情報を掲載すれば十分です。ところで、チラシ印刷物では四隅の使い方にも気を遣う必要があります。四隅のうち、3つ以上は文字や絵や帯などを活用して、空間を埋めるようにします。何故なら四隅を埋めることで、視線がチラシ印刷物の中央部に集中するからです。集中して見てもらうことで、内容を覚えてもらう狙いがあります。